うつ病とタバコ

うつ病とタバコ

うつ病とタバコ うつ病とタバコは一見関係がなさそうですが、タバコを吸わない人よりかかりやすくなるというデータがあります。うつ病特有のイライラをおさえようとして、タバコの量が増えてしまうことがあります。

タバコを吸うと、ニコチンにより脳からドーパミンという快楽物質が放出されて気分が高揚します。しかし、タバコを吸う本数が増えるうちに効果が薄れて、本数を増やさざるをえなくなるようです。タバコには、ニコチン以外にタールや一酸化炭素などの身体に有害な化学物資が含まれています。喫煙者が身体に悪いタバコを吸う理由ですが、タバコを吸うとイライラした気持ちが落ち着くからです。

タバコもアルコールと同じで、体内のニコチンが切れるとイライラします。このイライラをおさえるために、さらにタバコを吸うという悪循環に陥ります。うつ病にかかっている人も、イライラをおさえようとしてタバコの本数が増えてしまう傾向があります。喫煙率が高くなるのは、このような理由からです。タバコをやめることで症状の改善につながりますが、ニコチン依存症ですから、自分の力だけで克服するのは難しいでしょう。ニコチン依存症の人のために禁煙外来のような施設が開設されています。

最新記事