うつ病をサポートするには

一緒に住んでる家族などがうつ病にかかってしまった場合、何をすればいいのでしょうか。一番は悩んでいる本人に、居心地の良い環境を作ってあげることでしょう。なお、まわりの人の励ましの言葉が患者さんの負担になることがあるようなので、避けたほうが良いでしょう。うつ病にかかった人の話をよく聞いて、本人がしてほしいと思うことを聞いてあげるようにすると良いのではないでしょうか。

うつ病にかかった人は、無気力状態に陥っていることもありそうですが、その場合はそっとしておくことです。最初は家族も、良くなってほしいと思っていろいろサポートしようとしますが、思ったような反応が見られないとあきらめてしまうことがあるようです。この病気は少し良くなったり、悪くなったりを繰り返しながら回復していきますから、あせらずにゆっくり落ち着いて接していると、病状にも良い影響を与えていくでしょう。

家族のうつ病が長引いた場合、看病している人までうつ状態になるケースもあります。サポートする人の気分が落ちていると悪影響を与えますから、適度に息抜きするようにしたほうが良さそうです。ご家族もまたひとりで抱え込まずに、医療機関の医師や看護師などに相談するようにしましょう。